感性をカタチに

貼り箱

芯材となるボール紙にさまざまな色や質感の化粧紙や
印刷紙を包むように貼り合わせて作ります。
貼り合わせの素材には紙だけでなく、
布クロスやビニールクロスを使用することも可能です。

貼り箱のイメージ
貼り箱の特長

厚みのある芯材が使用できるので、かなり強度があります。
高級感、素材感、質感を表現しやすく、紙のパッケージの
なかでは最も上質であると言えます。
また、基本的な様式では木型が不要ですので、
比較的小ロットで製造できるのも貼り箱の強みです。

貼り箱の長所

貼り箱の短所

haribako_title04.jpg
共ブタ 共ブタのイメージ図
かぶせ蓋の蓋が底近くまで被さるので、
ねじれや側面に対する強度があります。
 
浅ブタ 浅ブタのイメージ図
かぶせ蓋の蓋が浅いタイプで、
身に対するフタの深さはお好みや
デザインにより自由に
組み合わせることができます。
 
インロー式 インロー式のイメージ図
身が外側と内側の二重になっており、
フタは身の内側に絶妙の
合口でしっかりとはまります。
高級感と質感と強度を
バランスよく兼ね備えた様式です。
 
デコ式 デコ式のイメージ図
デコレーションケーキの箱として
よく使われる形式です。
中身が取り出しやすく、
商品が箱に埋もれてしまうことなく、
見せることができます。
 
ブック式 ブック式のイメージ図
本の表紙のようなトビラを身にくるみます。
トビラの裏などにも印刷やホットスタンプで
デザインを入れたりもできます。